さすらいのライダー(ブロンソンがやってきた)




原題   Then Came Bronson

1974年10月6日から東京12チャンネル(現テレビ東京)で放映

カラー 60分 全26話(パイロット版を入れると27話)

1969年〜1970年 アメリカ MGM・TV制作

親友の自殺後、新聞記者を辞めた青年が、遺品のオートバイ、ハーレー・ダビッドソン・スポーツスター1969 XLH Sportster 900 を駆って全米を放浪しながら、人生の意味を探ろうとする社会派青春ドラマ。

全エピソードがロケという珍しい作品。

オープニングで、横で信号待ちしている車のドライバーと主人公のやりとり

「旅行かい?」 Taking a trip?
「えっ?」 What's that?
「旅行かい?」 Taking a trip?
まあね」 Yeah.
「どこまで?」 Where to?
「足の向くま ま、気の向くままさ」 Oh, I don't know. Wherever I end up, I guess.
「そういう旅をしてみたいよ」 Pal, I wish I was you.
「本当?」 Really?
「ああ」 Yeah.
「じゃあ、やれ ばいいさ」 Well, hang in there.

信号が青に変わり、二人それぞれ走り出す。

■CAST■

ジム・ブロンソ ン マイケル・パーク ス(Michael Parks)



エピソード一覧

0 Pilot
1 The Runner
2 The Old Motorcycle Fiasco
3 A Famine Where Abundance Lies
4 The Circle of Time
5 Where Will the Trumpets Be?
6 Amid Splinters of the Thunderbolt
7 The 3:13 Arrives at Noon
8 Old Tigers Never Die--They Just Run Away
9 Your Love Is Like a Demolition Derby in My Heart
10 Two Percent of Nothing
11 All the World and God
12 A Long Trip to Yesterday
13 The Spitball Kid
14 Against a Blank Cold Wall
15 Sybil
16 A-Pickin' An' A-Singin'
17 The Gleam of the Eagle Mind
18 That Undiscovered Country...
19 Lucky Day
20 Mating Dance for Tender Grass
21 The Mountain
22 Still Waters
23 The Forest Primeval
24 The Ninety-Nine Mile Circle
25 The Mary R
26 What's an Ark Without Centaurs?


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


「シネログ」
「ドラマログ」

この記事へのトラックバック

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村